建築系・インテリア系・イラスト系・グラフィック系・アニメ系を目指す方々へ

HOME >建築学科

建築学科 富山市 富山県

6年連続 就職率100%!!(2010〜2015年度)

建築学科はこんな学科です

図面を基本に総合力へと発展

一般社会・建築の世界ともに「図面」がコミュニケーションの共通言語となります。

建築学科では、まず図面を読み書きできる能力の養成に重点をおいています。これを基本として、建築計画・インテリア計画・構造・施行などの基本知識科目、インテリア実習・建築実習・CG・CADなどの技術系科目を学び、基本知識、創造力、プレゼンテーション能力を身に付けます。

最終的には、「自ら問題を提起し、それを解決する」総合力を養うことを目的に、調査研究に基づいて図面や模型を制作する実習を行い、二年間の授業を総括します。

建築学科では「二級建築士」の受験資格を卒業と同時に持ち、より高いスキルを目指します。

可能性を生かし自己成長

  • 構造II 建築学科
    「構造II」授業風景
  • 設計製図II 建築学科
    「設計製図II」授業風景
  • 造形I 建築学科
    「造形I」授業風景
48年の伝統と実績
富山で最も古い建築系専門学校でありトップで活躍している卒業生も数多くいます。
教育の幅広く
クリエイティブかつゆったりと個性の育成に努めています。
形のない財産
自身への挑戦こそがかけがえのない財産です。
マンツーマン指導
個別の指導による技術や表現の完全理解を目指しています。
学校での出会いと教唆
友人との出会いと関わり、直接指導による理解の深さなどは独学やインターネットでは実現が難しいでしょう。
法規や構造など資格対策も
2級建築士の資格試験対策としての授業も組み込まれ、卒業後の受験に対応できます。
アナログ作業も重視
CADソフトの使い方はもちろんのこと手描きでの図面制作にも意識を強く…。
みんな初心者
経験がなくても建築家としての自覚や姿勢は気持ち次第で持てます。
センスがなくても大丈夫
相手の気持ち・希望を汲み取る精神さえあればいいのです。相手に喜んでもらえることが自身の喜びであるように。

熱意あふれるベテラン講師陣!

建築学科の講師陣は計12名。1級建築士、インテリアのスペシャリスト、建築学会の顔、構造の専門家、芸術家、などバラエティに富んでいます。詳しくは教員紹介ページにて。

目指す教育

文化を創造する心と力、向上心を育成する

授業風景 CG・CADI 授業風景「いま何が問われ、それをどう解決し、実現させるか」、この種の思考の連続が、様々な建築・インテリアの造り文化を培ってきました。建築学科では、専門性を高め、プロフェッショナルを目指す人材へと育成します。

生活の提案と実現する技術に磨きをかける

設計製図II 授業風景高度成長の時代が終わり今日ほど人間性や社会性が問われている時代はありません。そして、より良い生活、人間らしい生活を実現させる建築やインテリアの重要性は、ますます高いものになっています。こうしたなかで、モノ造りにたずさわる建築・インテリアのデザイナーや技術者は、より研ぎ澄まされた感性と創造性を持ち、インテリアや住宅、さらに街までもつくる役割を要求されるようになりました。建築学科では、「生活を提案し、それを実現する」能力と技術を学ぶことができるようカリキュラムを構成し、社会から真に求められる人材を育成します。

ページの先頭へ戻る